忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
CDに関するコメントをいただくブログ
http://cd346.blog.shinobi.jp/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ア レンブランサ

SAPATOS
A Lembrancas
「ア レンブランサ」

発売日:2006年04月17日  カタログNo:SFCD-9 税込価格 ¥2,000

01. O Fundo(深く)        Joao Donato / Caetano Veloso
02. A Lembrancas(思い出話)   Jun Kimura
03. Minha Namorada(僕の恋人)  Carlos Lyra
04. Veras(真実)          Ivan Lins
05. Doce de Coco(ココナッツ菓子) Jacob do Bandolin
06. Don de Iludir(欺きの贈り物)  Caetano Veloso
07. Voce Vai Ver           A.C.Jobim
08. Oceano(大洋)         Djavan
09. Maio(5月)          Sanshiro Fujimoto
10. Razao de Viver(生きる意味)  Eumir Deodato
11. Chorinho No.1         作者不詳
12. Falando de Amor(愛の語らい) A.C.Jobim
13. Maria Rita(マリア ヒタ)  
PR
COMMENT
  
hana

2006-08-18(Fri)
01:07:29

EDIT
大洋.生きる意味。
ゆったりした曲が好きです。あと、12番目の曲も。
あい

2006-09-18(Mon)
19:27:55

EDIT
人生は愛あってのもの
聴けば聴くほどに味わいの増す曲ばかり…純さんが思い入れ強くつくられたという事に納得。
初めての曲ばかりなので、曲を聴きながらタイトルと解説を何度も何度も読み返す…
わからない事も多いけれど、愛の歌はやたら情熱的だって事はよくわかる。
三四朗さんのサックスがロマンティックに愛を囁いていたり、恋の喜びに有頂天だったり苦しげに咽び泣いていたり。。。聴いているうちになんだか自分が求愛されているような気分になるのは『愛の語らい』のせいだろうか…
moko

2006-10-26(Thu)
12:24:37

EDIT
寄り添ってくれる音楽
切ないけれど温かみがあって、本当に奥の深さを感じられる曲がぎっしり…。
ジャヴァンの「Oseano」は以前からよく聴いていた、とても陰りのある切ない曲だけれど
お二人の手にかかると こんなにも目に映る情景が色合いまではっきり見えてくるなんて…。小さな波の一つ一つから空の雲の様子まで…。
初めて耳にした「Veras」は心の中をくすぐられる素敵な素敵な旋律。 添えられているパーカッションも、とってもおしゃれです。
イヴァンリンスのオリジナルからはすっかり生まれ変わって、サパトスのオリジナル曲のように聴こえてくる…。
すぐそこで語りかけてくれている様なあたたかい音に包まれて、ボサノヴァがこんなに素敵な音楽だということをあらためて再確認したアルバムです。
mori

2007-01-10(Wed)
19:30:31

EDIT
BGMにして
サパトスとの出会いがなければ知らずにいた曲ばかり。
流れるように進む曲順に、BGMのように聞いています。
ゆったりと時間が流れて行きます。
ゆきえ

2007-07-03(Tue)
21:01:29

EDIT
穏やかな時間
初めて出会う曲ばかりなので、タイトルと純さんの解説を何度も読み返しながら聴く。
優しい音色が、穏やかな心地よい時間を運んでくれる。聴くほどに好きになるアルバム。
純さんの熱い想いが伝わるようです。
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES. / PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC. / 忍者ブログ[PR]